鍋の大きさは人数で!サイズの測り方と目安、一人暮らしのフライパンの大きさ、サイズの測り方…鍋サイズの測り方

 

鍋の大きさは

人数で判断するべきなのでしょうか。

 

一人暮らしを始める時、

どのサイズの鍋やフライパンを

選べば良いのか迷う人も多いでしょう。

 

今回は鍋やフライパンの

サイズについて紹介します。

 

 

鍋の大きさは人数で?サイズの測り方

 

鍋サイズは売り場で表示を

見てもわかりにくいので、

まずその測り方を解説します。

 

鍋の大きさの測り方、特に土鍋は

号数で示されていることが多いので、

初めて購入する人には分かりにくいです。

 

鍋に入る量をリットルで示されても、

その大きさと使う人数の関係が

分かる人は多くないでしょう。

 

鍋のサイズの測り方として、

1人用なら直径約15cmの6号、

3~4人用としては直径約25cmの8号、

 

4~5人用なら直径約28cmの9号が

目安だとされています。

 

 

味噌汁やスープなどを作る時に

便利な片手鍋の容量の目安は、

15cm~16cmで2~3人分です。

 

ちなみに、鍋の直径の測り方は、

外寸ではなく内寸を測ります。

 

 

一人暮らしで、あまり自炊をしない人でも、

冬の寒い時期に鍋があると便利です。

 

鍋料理なら、

材料を切って煮込めば

温かいものが手軽に食べられます。

 

栄養もしっかりとれるのでおすすめです。

 

一人暮らしの鍋の大きさは迷うところです。

 

鍋料理なら友達や家族を

家に呼んでも手軽に作れること、

 

多めに作っておけば

次の日も食べられると

考えるかもしれません。

 

それでも1人で食べることがほとんどなら、

大は小を兼ねるという考え方は

おすすめ出来ません。

 

土鍋など大きく重い鍋は場所を取りますし、

洗うのも手間がかかります。

 

大きすぎる鍋で

一人分の料理を作るのは

意外に使い勝手が悪くなるものです。

 

やはり鍋の容量の目安は、

普段使う人数に合わせた方が賢明です。

鍋の蓋のサイズの測り方も気になります。

 

 

鍋蓋がセットになっているもの

ばかりではないので、

 

後から蓋を購入する時サイズの測り方が

分からないと困ります。

 

蓋をしたい鍋やフライパンの上部内径を測り、

その数値に合ったものを

選べば間違いないでしょう。

 

外径を測ると

蓋が大きすぎるので注意をしてください。

 

 

人数に合わせた鍋を選ぶこと、

蓋は内径を測ることを

 

覚えておけば使い勝手の

良いものを購入出来るはずです。

 

 

鍋のサイズ、目安は?フライパンの場合

 

一人暮らしの

フライパンの大きさも気になります。

 

フライパンも使用頻度が高いので、

自分にとって

使いやすいものを選びたいです。

 

フライパンのサイズの測り方について解説します。

フライパンの大きさは

 

どこで測るのかというと、

やはり上部の内側、内径を測ります。

 

深さは浅型と深型がありますが、

出来れば深型を選ぶと

色々な調理に使うことが出来て便利です。

 

一人暮らしのフライパンのサイズは、

14cm~20cm位が使いやすいです。

 

ちょっとした料理や

お弁当調理にも便利なサイズなので

家族と住んでいる人も1つあると便利です。

 

 

フライパンの大きさは

直径のサイズで示されますが、

どこを測ったものでしょうか。

 

フライパンの大きさの測り方も知っておくと、

鍋と同様、蓋を購入したいときに便利です。

 

フライパン大きさの測り方を知り、

また自分がどのような料理をするのかも

考えて選ぶことをおすすめします。

 

おそらく、フライパンの使用頻度は高いので、

1人暮らしだから

 

一番小さいサイズを購入するのではなく、

2~3人用を購入するのも選択肢の1つです。

 

フライパンのサイズの測り方は、

内径ですが、このサイズを

24cm~26cmにしておくと、

 

2~3人分の調理が可能なので、

来客時や作り置き、

また二種類の同時調理もしやすいです。

 

深型を選べば

鍋を使わなくてもちょっとした煮物や、

麺類を茹でることも出来ます。

 

フライパン1つで

調理の幅が広がるので

使用頻度も多くなるのではないでしょうか。

 

鍋やフライパンの大きさの目安を参考に、

ぜひ調理を楽しんでください。

 

 

鍋の大きさは人数で?について

 

鍋を買う時、自分はサイズで一番迷いました。

使い勝手が悪いと使わなくなるものなので、

 

自分のライフスタイルに

合ったサイズの道具を選ぶことは本当に大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました