イカをそのまま冷凍?冷凍保存をそのまま…刺身とヤリイカ、丸ごと冷凍、そのまままるごと。スルメイカの冷凍もそのまま?

 

イカと一言で言っても、

ヤリイカやスルメイカなど

いろいろあります。

 

 

イカをそのまま冷凍する場合、

どの方法が正しいのでしょうか。

 

刺身やスルメイカについても

見ていきたいと思います。

 

つまみにもってこいのイカ、

自分もとても好きな食べ物です。

 

刺身で買ってきて

食べることが多いですが、

保存について見ていきましょう。

 

 

イカをそのまま冷凍!冷凍保存をそのまま、刺身のイカ(冷凍 そのまま)、イカそのまま冷凍

 

冷凍イカの解凍についても

一緒に見ていきます。

 

まずイカの冷凍方法は、

腸を取り除き綺麗に洗います。

そのとき、ゲソも切り離します。

 

そして、

イカのエンペラの部分を外しましょう。

 

胴体の皮を剥がし、

綺麗に洗って下処理は完了です。

 

こつとして、ペーパーなどで水気を拭い、

ラップにくるんで冷凍します。

フリーザーバックがあればなお良いです。

 

 

イカは水分が少ないので、

冷凍するにはもってこいの食材です。

 

イカを冷凍したなら、

次は解凍について説明します。

 

冷凍イカの解凍方法は、

冷蔵庫での解凍がおすすめです。

 

冷凍イカを解凍し、

刺身として食べるのであれば、

 

半解凍の状態で包丁を使うことが

コツとなります。

 

切りやすく、品質も落ちないため

ぜひ試してほしいです。

 

 

イカを解凍し刺身として楽しむときは、

あまり長く解凍するのは

おすすめしません。

 

水分の少ないイカは、

流水でさっと解凍することもできます。

 

また、半解凍の状態で

皮を向くことも可能です。

 

流水であれば、

ほんの10分程度で十分なので、

非常に使い勝手がいいです。

 

そのまま冷凍保存できる優れもので、

イカはとても冷凍向きです。

 

 

イカを丸ごと冷凍!まるごと、イカ丸ごと冷凍

 

冷凍イカを丸ごと冷凍するときは、

どうすればいいのでしょうか。

 

イカの冷凍については、

上記で説明した通りです。

 

丸ごとといっても、

生きた姿そのままで

という意味ではありません。

 

イカは確かに、

身も足も腸も

すべて食べることができます。

 

しかし、それぞれ別々に

調理し食べるのが一般的です。

 

腸ごとイカを真っ二つに!という料理は、

自分は見たことはありません。

 

(もちろんそういった料理も

あるのかもしれませんが)

 

好みの問題もありますが、

腸をついたままにしては臭いが移ります。

 

そのため、イカの冷凍時には

それぞれ分けて保存がおすすめです。

 

冷凍イカは

そのまま調理することもでき、

とても使い勝手がいいです。

 

冷凍のイカを解凍するときも、

イカを流水に晒すだけで解凍できます。

 

この際にも、腸がついたままだと

解凍しづらいです。

 

足を切り離し、内蔵を取ること。

そして、エンペラを取ることまでは

最低限行ってください。

 

 

イカを冷凍保存するときは、

それぞれの部位に分けましょう。

 

 

スルメイカやヤリイカの冷凍をそのまま?

 

ヤリイカを丸ごと冷凍したい場合も、

上記のような作業をしましょう。

 

また、もし腸を取らずに

冷凍してしまったら、

 

完全に解凍される前に

取り出すのがベストです。

 

コツとしては、

半解凍の状態で必ず

腸を取り出しましょう。

 

腸まで解凍してしまうと、

どうしても生臭さがつきます。

 

 

剣先イカを冷凍するときも、

そのままではなく下処理をします。

 

これはスルメイカも同様の作業なので、

ぜひ覚えておきましょう。

 

 

注意点として、スルメイカに

アニサキスがいないかどうかです。

 

新鮮なままで、

アニサキスがいることは多々あります。

 

実は、スルメイカには

魚介類の中で最も

アニサキスがいる確率が高いのです。

 

イカが生きたまま漬ける

沖漬けは人気ですが、

 

沖漬けにしても

アニサキスはしぶとく残っているのです。

 

アニサキスは、

冷凍か加熱で死滅します。

 

心配な人は、一度冷凍することを

おすすめします。

 

 

まとめ

 

イカはそのまま冷凍できるほど、

ほとんどの部位が食べられます。

 

魚のように

水分を多く含んではいないため、

冷凍保存は抜群です。

 

生で食べても美味しいイカですが、

アニサキスには本当に注意が必要。

 

一時期テレビでも取り上げられ、

耳にすることも多くなりましたが・・・

 

並みの寄生虫のものではないので、

自分の処理で不安なときは

冷凍か加熱をして食べましょう。

 

焼いてしまえば、

アニサキスも死滅してしまうのです。

 

特に内臓辺りに潜んでいるため、

沖漬けにする際は気を付けましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました