インドネシア移住のデメリット。インドネシアに住むには?仕事や生活費、移住方法を紹介

 

インドネシア移住のデメリットは、

治安の悪い場所があることです。

 

今後、ジャカルタの水没も

気になります。

 

 

この記事では、インドネシア移住の

ための仕事やお金の問題、生活で

必要なことを紹介します。

 

インドネシア移住のデメリットを紹介。海外移住の方法や費用。ジャカルタの生活費は?

 

海外移住でインドネシアを

考えている人も多いと思います。

 

インドネシアに移住するとしたら、

やはりインドネシア移住のデメリットが

気になる人もいるはずです。

 

インドネシア移住では、

メリットだけでは済まされない

ことも事実だからです。

 

インドネシア移住の方法は、

観光ビザ、もしくは観光で

現地に移り、期限ごとに

出国する方法で滞在する

ことができます。

 

ところが、インドネシアの法律の

改正によって、違法のリスクとなる

可能性があるので注意が必要です。

 

グレーな手段はリスクが

伴うので、あまりおすすめとは

言えません。

 

インドネシアもリタイアメントビザや

就業ビザがあるので、そちらの

手段が無難です。

 

安定的な移住を計画しやすく、

経済的な面からも目標を

立てやすいことは間違いないです。

 

 

インドネシアの移住の費用は

ビザの種類によって変わってきます。

 

特にリタイアメントビザは就業が

できなかったり、インドネシア人の

使用人を雇う規定があるため、

費用を大きく見積もる必要が

出てくるのです。

 

ジャカルタでの生活費は

多めに見積もると

16万円程度が目安になります。

 

ですが、ビザの種類や移住先の

都市の住宅事情によっては

10万円程度で生活できます。

 

自分で調べてみることが

デメリットを解消する近道です。

 

インドネシアに住むにはどうすればいい?職業や仕事探し、生活費やお金のこと

インドネシアに住むにはどうすれば

いいのでしょうか?

 

Webで請け負うフリーランスなど、

日本で暮らせる収入があるなら、

移住後もそのまま仕事を続ける

ことができます。

 

これならインドネシア移住後に

仕事探しをする必要はありません。

 

なぜなら、日本で暮らせる

賃金なら、インドネシアでの

生活費の平均を上回るからです。

 

 

インドネシアに住むには

ビザが必要です。

 

ビザがなくても30日間の滞在が

可能で、ビザを申請しない

抜け道はあります。

 

ですが、海外に限らずルールには

沿っておいた方が良いので

おすすめできません。

 

それぞれの国での法改正で

リスクになりかねないのです。

 

 

インドネシアに住むには

お金が必要なのは言うまでも

ありません。

 

ここで注意する点は、

インドネシアに住むときの

職業によって、インドネシア

での生活費が大きく変わる

ことです。

 

55歳以上でリタイアメントビザで

インドネシアに住むには

仕事を提供する必要があります。

 

平たく言えば、インドネシアで

起業するなどの方法で事業者や

使用者側になるのです。

 

リタイアメントビザの場合、

就業が禁止されています。

 

更に使用人を雇う規定があり、

インドネシアに住むときに仕事を

供給する必要があるのです。

 

就業ビザであれば駐在員として

仕事の問題もクリアできると

思います。

 

ですが、現地での求人のハードルを

考えると、フリーランスで場所の

制約を受けないか、自身で収入を

得る方法を持っていることが

求められます。

 

もちろん、現地での求人で

働く選択肢もあるので、

覚悟があるならチャレンジ

することもできます。

 

まとめ インドネシア移住のデメリットについて

 

インドネシアに移住をすると、

日本で暮らすより物価をはじめとして

生活費はとても安く済みます。

 

しかし、発展途上国であること

から見て、今後の物価上昇も

リスクとして管理できなければ

現地での生活が行き詰まる

ことになりかねません。

 

注意が必要です。

 

 

日本人や外国人はお金を

持っているという前提が

ある国です。

 

居住区や家賃など、相応の

相場に合わせて選ばなければ、

危険と隣り合わせになって

しまう点も考慮しなければ

ならないでしょう。

 

リタイアメントビザに使用人を

雇うことが規定されていること

からも、治安や外国人については

どういう国なのかはうかがい知る

ことができます。

 

 

また、医療水準についても、

日本と同じレベルではありません。

 

周辺国や日本での医療を

前提に移住を計画するべきです。

 

タイトルとURLをコピーしました