ジョホールバル移住のメリットとデメリットとは?

 

一時、日本人にも不動産投資で

話題になったジョホールバル。

ここに移住を考えたことは

ありますか?

 

この記事では、ジョホールバルへの

移住の魅力と問題点について

触れてみます。

 

ジョホールバル移住のメリットとは?

やはり、メリットをあげるなら日本の

都市部よりも物価が安く、その割に

ジョホールバルの医療技術は高いと

いう点でしょう。

 

他の国に比べて、マレーシアは

長期滞在のビザが取得しやすい

のもメリットです。

 

地震や台風といった自然災害の

影響を受けづらいのもいいですね。

 

何しろ、ゴルフが大好きな人に

とっては、ジョホールバルは天国の

ような場所です(笑)。

 

 

教育移住でも話題になった

ジョホールバル。

 

英語が共通語で中国語もよく

使われることから、国際言語で

最も重要な英語と中国語を

同時に学ぶことができます。

 

あなた自身はもちろん、お子さんと

移住した場合は、子供の教育環境と

して優れています。

 

また、いわゆるイスカンダル計画

よって、同じマレーシアの

クアラルンプールとジョホールバル、

シンガポールが高速鉄道で繋がり、

より行き来しやすく便利になります。

 

シンガポールと繋がった地下鉄も

イスカンダル計画の一つです。

 

ちなみに投資家の視点からすれば、

海外では珍しく土地付きの物件を

外国人名義で所有できるのが

ジョホールバルのユニークかつ

魅力的な部分です。

 

 

ジョホールバルという南国の都市で

のんびりと移住生活を楽しむための、

時間と経済の自由を得る手段とは

 

ジョホールバル移住のデメリットとは?

何といっても、ジョホールバル移住は

治安の面で問題があります

 

仲間の間では、ジョホールバルに

現れた謎のノコギリ男の話は

有名です(笑)。

 

日本でも近所同士のトラブルから

ノコギリ男が出現したと

ニュースになっていましたが・・・

 

これは極端ですが、マレーシアは

不思議と治安の良いイメージが強い

ものの、川向こうのシンガポールの

ように手放しで安全とは言えません

 

特にここは、あなたがお子さんと

教育移住するなら最も気になる

点でしょう。

 

さらに、マレーシアはイスラム教の国です。

加えて、多民族国家であるこの国では、

多くの日本人にとって文化や習慣に

適応するのに時間がかかります。

 

あのGacktがどうやってマレーシア

生活に順応したのか、個人的には

気になるところですが(笑)。

 

一時は安い不動産価格で投資家に

話題になったジョホールバルも、

今では魅力的な物件は

ほぼなくなっています。

 

また、公共交通機関が発達して

いないので、タクシーが移動手段に

なりますが、黄色と赤の毒々しい色に

加えて運転手もガラが悪く、

トラブルが多発します。

 

突然キレたり、ぼったくられたり・・・

 

タクシーだけでなく、日常生活の

サービス全般もあまりよいとは

言えないようです。

 

まとめ ジョホールバル移住のメリット、デメリット

ジョホールバル移住のメリットとしては、

・医療体制が整っている

・長期ビザが取得しやすい

・自然災害が少ない

・インターナショナルな教育環境がある

・今後、経済発展の余地がある
(イスカンダル計画)

・外国人名義で土地付き物件が所有できる

 

デメリットとしては、

・イメージよりも治安が悪い

・文化、習慣が日本人には馴染みがうすく、
適応に時間がかかる

・サービスの質が悪い

となります。

 

一時期、移住先として注目を集めた

マレーシアですが、イメージが

先行している感じがします。

 

ノコギリ男は、やっぱりこわいですよね。

 

ジョホールバルへの移住については、

現地に長く住んでいる方のブログなどを

参考に、よく検討することをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました