スマートexの領収書、pdfとiphone!キャンセルと領収書の宛名、印刷とex予約(エクスプレス予約)領収書について

 

スマートexという便利なもので

新幹線の切符も

買いやすくなりました。

 

スマートexで出張のチケットを取り、

領収書をpdfで保存することもできます。

スマートexについて紹介していきます。

 

 

スマートexの領収書をpdfで…iphoneでやるなら?

 

昨今ではいろいろと便利な世の中になり、

今までは駅などで購入していた

新幹線のチケットも

 

iphoneなどのスマートフォンひとつで

予約ができるようになりました。

 

旅行などだけではなく

仕事面でも役に立ちます。

 

スマートexでスマートフォンのアプリ上で

新幹線などの座席予約をしても

 

領収書をもらえて

印刷し会社に提出することもできます。

 

新幹線の領収書の宛名などは

自分で書くか、

窓口で書いてもらうのが主流です。

 

スマートexでは

領収書の宛名も任意で

入力できるため便利です。

 

 

スマートexでの領収書の発行において、

複数名同じ予約の場合

領収書を分けることはできません。

 

複数名での領収書を分ける場合は、

少し面倒ですが窓口にいくと

分けてもらうことができます。

 

ちなみに最大6名まで

同じ予約枠で予約を入れることができ、

 

それぞれに領収書を

分けることができます。

 

 

スマートexの領収書は

pdfで保存することもできます。

 

ただし、スマートexで

予約した分の領収書は

 

当日は発行されず反映されるのは

予約日の翌日からになります。

 

新幹線の予約は領収書も

簡単に発行できるスマートexから

予約するのが昨今ではおすすめです。

 

スマートexで登録してる

モバイルsuicaなどの交通系ICも

従来線からの新幹線の乗り継ぎもでき、

 

その領収書もだせます。

 

スマートexでの領収書を出せるのは

予約した翌日以降のみで

3ヶ月以上前だと予約もできません。

 

基本は

乗車の一か月前からの予約になります。

 

スマートexでの予約は

乗車の1か月まえからで、

 

朝5時3分から夜11時30分までの

予約と決まっていますが

 

夜間申し込みすることで

予約の予約ができます。

 

 

スマートexにより

払い戻しをした場合は

 

領収書サービスも

受けられないので注意です。

 

スマートexで自由席を予約した場合

最後の確認画面に

時間表示されないこともあります。

 

スマートexのほかに

エクスプレス予約という

サービスもありますが、

 

どちらも領収書は発行できます。

 

スマートexは便利ですが、

特急券のみの予約はできないので

その点は注意しておきたいです。

 

 

スマートex、キャンセルしたら領収書は?

 

スマートexはとても便利なものです。

簡単に予約ができます。

 

そんなスマートexでの

予約のキャンセルは

いつまでできるのでしょうか。

 

スマートexから予約キャンセルは

乗車当日までできます。

 

予約できる時間と同じく

夜11時30分までです。

 

スマートフォンひとつで、

新幹線の座席予約から

キャンセルまでできるのはとても便利です。

 

忙しいビジネスパーソンが

こぞってスマートexを

利用するのも納得です。

 

スマートイーexで

キャンセルが難しい場合は

 

窓口でもキャンセルを

受け付けてもらえます。

 

チケットレスではなく

発券している場合は

 

窓口でのキャンセルが

スムーズでしょう。

 

 

スマートex予約は

キャンセルすると領収書サービスは

どうなるのでしょうか。

 

スマートexでの予約を

キャンセルした場合は

 

領収書表示サービスも同時に

受けられなくなります。

 

ちなみに、スマートexでは

キャンセルすると

一定の手数料がかかります。

 

予約変更は手数料はかかりません。

なので日付変更や時間変更の場合なら

 

キャンセルせずに、

変更するのがお得だといえます。

 

 

まとめ

 

昨今ではスマートフォンアプリで

なんでもできるようになりました。

 

キャッシュレスサービスや

チケットレスサービスも

 

多く荷物が少なくなり、

簡単にいろいろなことができます。

 

最新のそのようなサービスを

 

新しくてわからないからと、

利用しないのは大きな損に

つながると感じました。

 

いろいろ使いこなせるように

学びたいと思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました